石垣島ダイビングショップ Fun Sea 石垣島は有名な川平湾の川平エリアにある小さなアットホームなお店です!

0980-88-2708

Diving Area Map
ダイビングエリアMAP

ダイビングエリアMAP

ダイビングエリアMAP
Fun Sea(ファンシー)石垣島がお連れするダイビングエリアの紹介です。

気象条件(風向き)によって出航する場所が変わってきます。わかりやすく夏場エリア、冬場エリアと分かれます。
夏場エリア(4月~10月)は川平から出航します。冬場エリア(11月~3月)は名蔵湾に接している崎枝から出航します。
※あくまでも目安で、その限りではありません。

石垣島ダイビングエリアマップ 屋良部崎エリア 大崎エリア 名蔵エリア 石崎エリア 川平エリア 吉原・荒川エリア 米原エリア
石崎エリア

石崎エリア

マンタ遭遇率が90%以上と世界的にも有名なマンタポイントがあるエリア。9月~11月はマンタシーズンで産卵のため集まり、時には10匹以上が見れることも!
その他、カメやナポレオンも時には見れたりと、マンタ以外でも油断できないポイント。船酔いしやすい方は、海況が安定している6~8月がオススメ。

→マンタポイントについて

川平エリア

川平エリア

湾内のポイント。透明度1~5mmくらいと視界は悪いが、面白い生き物がたくさん。 マンジュウイシモチ、ニシキテグリ、オイランハゼ、ギンガハゼ、フリソデエビ、カエルアンコウ…っと、マクロ好きにはたまらないポイント。
また、幼魚が育つ場所でもあるのでじっくり観察するのも面白い。深度も1~5mと浅い。

吉原・荒川エリア

吉原・荒川エリア

ビーチから延びるリーフが沖合で最大25mくらいまで落ち込んでいる。
その落ち込みの壁はオーバーハング、ホールなどがあり地形好きにはたまらないポイントが多い。その穴の中には美味しそうなエビや、夏の時期にはスカシテンジクダイやキンメモドキなどたくさんの小魚の住処となっている。また落ち込んだところは砂地で透明度が良ければ癒される。また珍しい生き物にあえることも…。リーフの上にはモンツキカエルウオなどもいる。

米原エリア

米原エリア

ここにはポイントが7つ以上あり主にサンゴがキレイ。
サンゴがたくさんあるということは、そこを住処とする色とりどりでキレイな魚もたくさんいる癒しのエリア。 ときにはカメやイソマグロなど大物も見れることも。
また、フリソデエビやキンキャクガニ、ハダカハオコゼなど人気種も揃っていて、ワイドもマクロも楽しめる場所。 深度も15m以内とビギナーからベテランまでオールマイティに楽しめる。

屋良部崎エリア

屋良部崎エリア

潮流があり、上級者向け。
サンゴがほとんどなくダイナミックなポイント。 潮流があるので時はイソマグロやバラクーダ、ナポレオンなど大物が見れたりする。 深場ではアケボノハゼ、ニチリンダテハゼ、ピグミーシーホースなど人気のマクロ種もいる。

釣りやサーフィンポイントとしても有名。

大崎エリア

大崎エリア

浅いところはサンゴがキレイ。そこから緩やかなスロープになっていて深いところで40mくらいまで下がる。 深場ではナカモトイロワケハゼや、ヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウなど人気がある生き物がいる。
また浅場では時期になるとコブシメの産卵が行われ、交接、産卵シーンやオス同士の喧嘩シーンなども見れたりする。 潮流はなく、ビギナーからベテランまでオールマイティに楽しめるエリア。

名蔵エリア

名蔵エリア

バラエティに富んだエリア。サンゴがキレイなポイント、群れがいるポイント、マクロ好きのポイント…っと様々。 浅場のポイントはサンゴがキレイでいろんな種の生き物がいる。アカククリやコガネシマアジなど群れが見れるポイントもある。 モエギハゼ、マンジュウイシモチ、ニシキテグリなど人気のマクロも充実している。
近年、名蔵湾全体が日本最大の沈水カルスト地形として注目されている。